通訳案内士(通訳ガイド) | 通訳・翻訳の資格紹介
  1. トップページ>
  2. 仕事をお探しの方>
  3. 通訳・翻訳の資格紹介>
  4. 通訳案内士(通訳ガイド)
 通訳案内士(通訳ガイド)
通訳・翻訳の資格紹介一覧に戻る

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2011年4月1日現在の登録者数は15,371人に達しています。通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、仏語、西語、独語、中国語、伊語、ポ語、露語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です。2011年度通訳案内士試験には、894人が合格しました。
通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。 外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、“民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。

  資格の種類   国家資格
  認定団体   国土交通省
  問い合わせ先   URL:http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/
 詳細・備考
【筆記試験】
外国語についての筆記試験(記述式。受験する1ヶ国語を選択)
英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語
中国語は繁体字と簡体字から選択。ただし北京では簡体字、台北と香港では繁体字のみ。
日本語による筆記試験(マークシート方式)
1.日本地理
2.日本歴史
3.産業、経済、政治及び文化に関する一般常識

【口述試験】
筆記試験で選択した外国語を用いての面接試験。外国語能力はもちろん、ガイドとして知っておくべき日本文化や社会に関する知識も問われる。また同時に人物考査も行われ、通訳案内士としての適性が判断される。

※合格率も低く、英語の場合は例年5〜6%。レベルも英検1級レベルで難関資格の一つです。
pagetop
仕事をお探しの方
派遣で働くメリット
紹介・紹介予定派遣について
登録の流れ
福利厚生
登録ってなに!(Q&A)
スタッフ仮登録
登録会情報
通訳・翻訳の資格紹介
履歴書・職務経歴書のダウンロード
ホンヤク社グループサイト
 ホンヤク社では語学に関する様々な
 ソリューションを行っています
グローバルビジネスを信頼の翻訳でサポート・翻訳支援ツール、辞書ソフト『対訳君』の販売「株式会社ホンヤク社」
SRT事業部
弊社は、北米での販売展開をより強力に推進するために、米国カリフォルニア州において現地法人を設立いたしました。
翻訳サービス | SRT事業部 | HONYAKU USA INC